お客さま本位の業務運営に関する取組方針

原則1 お客さま本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

当社は、お客さま本位の業務運営を実現するため本取組方針を策定・公表しております。また、本取組方針に係る取組状況を定期的に確認し、より良い業務運営を実現するため必要に応じて方針の見直しを行います。

原則2 お客さまの最善の利益の追求

当社は、金融事業者として、高度の専門性と職業倫理を保持し、お客さまに対して誠実・公正に業務を行い、十分な調査と分析を踏まえたうえで、お客さまの最善の利益を図ります。

また、当社は、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。

原則3 利益相反の適切な管理

当社は、インヴィンシブル投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が行う取引における利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の可能性がある場合にこれを適切に管理するため、関係諸法令による規制に加え、当社の自主ルールとして「スポンサー関係者取引規程」及び「スポンサー関係者関連取引管理マニュアル」を定め、当社の株主等の利害関係人を「スポンサー関係者」として定義した上で、スポンサー関係者との物件の売買、スポンサー関係者に対する有償での業務委託など、利益相反の可能性のある取引を「スポンサー関係者関連取引」と定義し、その取引基準や実行手続等を明確に定めております。また、スポンサー関係者関連取引を行うにあたっては、社外専門家を含むコンプライアンス委員会における承認を必要とするなど、利益相反の可能性のある取引を適切に管理する態勢を整備しております。当社はこのような利益相反管理態勢を適切に運営することで、利益相反の適切な管理を行ってまいります。

なお、当社の利益相反取引への取組みの詳細や利害関係人等との取引状況につきましては、本投資法人の「有価証券報告書」等にて公表しております。

原則4 手数料等の明確化

当社は、本投資法人が負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、分かりやすく情報提供致します。

具体的には、本投資法人が負担する手数料等は、本投資法人の「有価証券報告書」等にて公表しております。

原則5 重要な情報の分かりやすい提供

当社は、本投資法人の運用方針や財務状況、運用資産の状況、当社が受領する運用報酬などの重要で開示可能な情報を、法令等に定める情報開示に加え、決算説明会資料や本投資法人のホームページ等において、迅速かつ正確に、また複雑さや重要度に応じてメリハリをつけて、分かりやすく提供致します。

原則6 お客さまにふさわしいサービスの提供

当社は、投資口の価値の最大化を実現するべく、中長期的な観点から、本投資法人に属する資産の着実な成長と安定した収益の確保を目指して、本投資法人の資産運用を行ってまいります。

原則7 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、お客さまの最善の利益を追求するための行動、お客さまの公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を促進するため、コンプライアンスに関する意識・実践状況等を従業員の評価の指標の一つとして位置づけています。また、全従業員を対象とした社内のコンプライアンス研修を定期的に実施することにより、全従業員のコンプライアンス意識の醸成及び向上に努めております。